JALグローバルクラブ(JGC)会員(サファイア達成)になるための記録、なった後の記録や、旅行についてなどを記していきます。 ゆっくり各地を巡ろうとしたのですが、ふとした思惑から、修行と化した空のたびです。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飛行機における電子機器の利用について

禁止されていることを平然とやり、ブログに載せる方っていますよね。

あるブログで飛行機の離着陸時デジカメ写真を目にしました。


ちなみに、昔からブログをなされている方の多くは許可されたフィルムカメラで
撮影し、その旨きちんと記載されている方が多いです。
(誤った理解をする方が出るので、いちいちになるかもしれませんが、
その旨、及び注意を記載するとか、公開範囲を制限した方がよいと思います)


私は専門家ではないのですが、
離着陸時電子機器の電源をすべて切るように言われていると思います。

日本以外の航空会社でも言われていると思います。

なぜ禁止されているかは危険があるからですよね。

自分の欲求だけで、他の搭乗客を危険にさらしていることを理解して欲しいと
思います。


日系以外のある航空会社ですが、下記のように記載されております。

一部の電子機器(BluetoothやWi-Fi、リモコン機器などの発信機器や無線通信機器)は、
航空機の航行・通信システムや制御装置に支障をきたす 恐れがあるため、機内では
お使いいただけません。この他、コンピュータ製品(ノートパソコン、PDAも含む)、
オーディオ・ビデオ製品(CD、MD、 MP3、iPod、DVD、VCD、CD-ROMなど)、
映像機器(カムコーダー、デジタルカメラなど)、通信機能をオフにした機器については、
離陸後、 乗務員がスイッチを入れても安全であることをお伝えした後から、
着陸態勢に入りシートベルト着用サインが点灯するまでご使用いただけます。

携帯電話は出発に向けて飛行機の扉が閉まった時点から電源を切り、
離陸して乗務員がご案内するまで電源を入れないようお願いいたします。
携帯電話や iPhoneなど一部の電子機器は、通話機能をオフにし、
BluethoothやWi-Fi機能をオフにした「フライトセーフモード」であればご使用いただけます。


また、「離着陸時」は、
搭乗後のドアが閉まって離陸後のベルトサイン消灯後まで、
着陸前の電子機器使用禁止のアナウンスから着陸後のドア開放後、
電子機器使用可能のアナウンスまで、
と日系の航空会社ではアナウンスしているようです。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soranotabi.blog82.fc2.com/tb.php/728-8be873d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
SEO対策:JAL SEO対策:ハワイ SEO対策:旅行 SEO対策:マイル SEO対策:沖縄 SEO対策:日本航空 SEO対策:JALグローバルクラブ SEO対策:サファイア SEO対策:JGC SEO対策:修行