JALグローバルクラブ(JGC)会員(サファイア達成)になるための記録、なった後の記録や、旅行についてなどを記していきます。 ゆっくり各地を巡ろうとしたのですが、ふとした思惑から、修行と化した空のたびです。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボーイング787ひやり 初トラブル、着陸をやり直す
http://headlines.yahoo.co.jp/smartphone/hl?a=20111106-00000001-jct-bus_all

J-CASTニュース 11月6日 16時22分配信

ボーイング787国内線定期路線は11月1日に開設されたばかりだ
全日空(ANA)が世界で初めて就航させたボーイング787型機の主脚(メインギア)にトラブルが発生し、別の機材に振り替えていたことが明らかになった。試験飛行の段階で落雷が発生し、飛行スケジュールが変更になったことはあったが、営業運航が始まってからのトラブルは初めて。

■手動で主脚を出す
トラブルが起きたのは、2011年11月6日の羽田岡山行きの651便。午前9時頃、着陸直前に「メインギアが出ていない」旨のエラーエラーメッセージが出たため、着陸を中断。一度上昇した上で手動で主脚を出し、主脚が固定されていることを確認した上で着陸したという。この影響で到着が27分遅れたが、乗員・乗客にけがはなかった。

原因調査を行うため、折り返しの岡山羽田行きの654便は、機材を787からほぼ同じ大きさのボーイング767-300型機に変更。54分遅れで出発した。

現時点でANA787を2機所有しており、トラブルが起こったのは1号機(JA801A)。すでに1日1往復就航している東京-広島便には2号機(JA802A)を宛てたため、運用上の大きな影響はない見込み。

787は機体の35%を日本企業が製造、「準国産機」とも言われており、従来機よりも燃費が大幅に向上。中型機だが長距離路線も可能ということで、これからの航空機の主流になると見られている。ANAは55機を発注済みで、世界の航空会社で最初の営業運航を始めたばかり。初期モデルは想定よりも重量が重く、その分燃費効率が下がるとみられ、いわゆる「初期不良」が起こる可能性も指摘されている。

ANA広報室では、
「こうしたトラブルに丁寧に対応することで、安全運航につなげていきたい」
と話している。

最新鋭機だけに一般の注目度も高く、ツイッターでも「メインギアが出ず、手動で下ろしたそうです」といった目撃情報が出ていた。


この便に搭乗していたという人のブログを目にしましたが、
機内では「軽微なトラブル」とアナウンスがあったようです。

過去に高知で起きた胴体着陸との差は少ないような気がしますが、
今回のものはANA的には「軽微」なんですね。














自分へのご褒美にいかがですか?


都市名を直接入力して検索が出来ます。


この機会にいかがでしょう?




北へ、南へ、どちらがいいか、迷いますね。


JTBでの海外旅行には安心感があると思います。

JAL日本航空 先得
28日前までに旅行、出張が決まればおトクな運賃で行けます。


JALビジネスきっぷはJALカードでしか買えなく、
直前の予定変更にも対応出来、価格も抑えられており、いいと思います。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soranotabi.blog82.fc2.com/tb.php/672-1511893f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
SEO対策:JAL SEO対策:ハワイ SEO対策:旅行 SEO対策:マイル SEO対策:沖縄 SEO対策:日本航空 SEO対策:JALグローバルクラブ SEO対策:サファイア SEO対策:JGC SEO対策:修行